プレゼントにも喜ばれるペアリング

ペアリングとは、一般的にカップルや夫婦がお互いに着ける、お揃いのデザインの指輪の事を言います。
左右どちらの指に着けるかはルールなどで決まっている訳ではありませんが、左手に着ける人が多いようです。
古来、右手は「権力と権威」を表し、左手は「服従と信頼」を表すと言われており、そのことからも信頼を示す左手にリングを着ける人が多いのかもしれません。X
リングを着ける指は薬指が一般的には多いようですが、実は着ける指によっても意味が異なります。
親指は、信念を表します。愛に障害があって、乗り越えたい時に着けると良いかもしれません。
人差し指は、集中や行動力を表します。もっと積極的になりたいカップルにはお勧めです。
中指は、直感や閃きを表します。今より高い目標に進みたい時や、インスピレーションを求める人にお勧めです。
薬指は、創造を表します。左手の薬指には、心臓に向かって愛の血管が通っているとされます。
愛の証になるリングを着けるには最適な場所なので、昔から結婚指輪はこの指に着けられます。
小指は、秘密やチャンスを表します。思い描いた願いを叶えてくれるとされます。
このように、ペアリングも着ける指によって、意味も変わってきます。
プレゼントをする際には、二人で相談してどの指に着けるかを決めるのも楽しいかもしれません。
はめる指によってサイズが変わるので、購入する際にはサイズを測ってからにしましょう。

また、彼女や彼の薬指のサイズをご存じなら、サプライズでプレゼントするのも喜ばれるかもしれません。
二人の記念日や相手の誕生日などには最適なプレゼントになるでしょう。
素材は色々ありますが、シルバーは男女ともに漬け易く、どんなファッションにも合うので普段使いに良いかもしれません。
ブランドも高価なものからリーズナブルな物まで、様々なものがありますので、二人で商品を見ながら選ぶのも楽しそうです。
また、二人の誕生石が入ったものや刻印が入ったものなども素敵かもしれません。
結婚指輪とは違い、ペアリングはリーズナブルな物も沢山あるので、シーンによって着けるリングを変えるのも楽しそうです。
デートの場所によって、今日はこれにしようなどと選ぶのも、カップルならではです。
ペアリングは恋人がいるアピールにもなりますから、着ける事で浮気防止にもなるかもしれません。
二人のペアリングが結婚指輪に変わるまでは、色々な場面で活躍し、二人の思い出にもなるでしょう。